事業案内

LNGを都市ガスに加工し、供給します。

ひびきエル・エヌ・ジー株式会社では受け入れたLNGを都市ガスに加工し、お客様へ西部ガスの導管にて供給するという事業を行っています。LNGを都市ガスにするには、まずはタンカーで運ばれタンクに貯蔵されたLNGを、海水で温めて気体(ガス)に戻します。その後LPGを加えて熱量調整を行い、においを付け都市ガスにしています。また一部のLNGはローリー車で出荷されます。

LNGについて

地球環境にやさしいクリーンなエネルギー

LNGはLiquefied Natural Gas(液化天然ガス)の略で、天然ガスを冷却したものです。天然に産出される化石燃料でメタンを主成分としています。不純物が少ないため、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)や、光学式スモッグなどの原因とされる窒素酸化物(NOx)の排出量が石油や石炭と比べると少なく、さらに酸性雨や大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)を全く排出しないクリーン性が大きな特長です。

また特定の地域に偏在せず、世界各地に埋蔵されており埋蔵量が豊富です。現在も新しいガス田が世界中で発見され、長期に渡る安定供給が見込まれています。気体である天然ガスをマイナス162℃以下に冷却することで、体積は気体の約600分の1にまでなり、大量での長距離輸送や備蓄が容易になります。日本へはLNG輸送専用のタンカーで輸送されます。

燃焼生成物の発生量比較

事業案内

ページの先頭へ